手汗がひどくて彼女と手をつなぐのが怖い!そんなあなたの対処法3選

汗で悩んでいる人は沢山います。手から出る汗って身体から出る他の汗以上に神経による原因があるようです。彼女とのデートの時はいつも以上に緊張、、、汗が、、、でも、恥ずかしい思いはしたくない・・・そんなあなたのために、対処法3選をお伝えします!

スポンサードリンク




〇手汗用の制汗クリームの使用

一般的に制汗クリームというと女性用、だから買いに行ったり、持ち運びが恥ずかしいなんて人も多いと思います。今回のオススメは「テサラン」という手汗クリームです。

1つ目の問題の買いに行くといった点では、「テサラン」はアマゾンや楽天等のネット通販でも購入出来るので、問題はすでにクリアです。もう一つの問題点の持ち運びに関してですが、容器は白ベースで、大きさは11cm(iPhoneよりちょっと大きい程度)
なので、スーツの内ポケットにもスッキリと入ります。

実際「テサラン」の購入者の約4割が男性です。この手の商品では珍しく、商品を開発したのは株式会社Global Style Japanの永川政峰さんは男性で、初めは30年以上手汗に悩む自分自信の為に商品の開発をしたそうです。

塗ると鼻の中がすっとするような爽快な臭いがするそうですが、無臭になるので周りを気にする事もありません。

では本題の「テサラン」の効果に入ります。「デサラン」はハンドクリームのように使える、手汗用の制汗剤クリームです。

肌に優しいバランスの優れた有効成分「クロルヒドロアルミニウム」を採用し、最新の3D乳化技術を利用する事によりにより肌にすっと溶け込み、汗の出口を引き締め、汗を抑える事が出来ます。肌に密着するため摩擦や水に強く、1 度塗ると72時間と長時間持続的な制汗、防臭ケアが可能です。

時間がたっても雑菌の繁殖を防ぐので臭いを気にせず過ごす事が出来ます。

石油系界面活性剤・無鉱物油・合成着色料・パラベン等の添加物を一切使わず、無添加にもこだわったとても肌に優しい商品です。

防菌・保湿作用に優れた7つのエキス(ツボクサエキス、オウゴンエキス、イタドリエキス、カキタンニン、チャ葉エキス、カンゾウエキス、天然ビタミンE)を厳選配合しています。

使い方は簡単で、塗る前に手を洗いタオルでふき、テセランを少量(米粒程)手の平に取り出し、手のひらにまんべんなく塗広げるように塗って下さい。

使用は汗が出る前、オススメは朝起きた時、手洗い後、お風呂上り等です。

状況が深刻な人は医師に相談する事をオススメしますが、長年病院に通っても解決出来なかった手汗の問題が、「テサラン」を利用した事で解決したとの口コミもあります。

因みに「テサラン」は365日返金保証があるので、気になる人は是非一度試してみて下さい!

スポンサードリンク




〇みょうばん水の利用!

漬物をつける時に色を鮮やかにするみょうばん水ですが、手汗にも効果的です!

ミョウバンの収れんという作用がエクリン腺を引き締めてくれるので、手汗の発汗を抑える事が出来ます。

何よりも簡単に安く作れて、手汗以外にも身体の他の部分の汗、足の臭い、カーテン等の消臭効果等に利用する事も出来ます。

ミョウバン水を作るのに用意するのは、焼きミョウバン、空のペットボトル(2リットルの物がオススメ)、スプレーの3点に水です。

焼きミョウバンは100円均一やドラッグストア等で50gのものが100円程度で販売されています(通常は重曹の近くにあります)。スプレーも100円均一のもので十分です。

作り方は空のペットボトルに50gのミョウバン(焼きミョウバン)を入れ、水(浄水器の水やミネラルウオーターでは長持ちしません)を入れ、涼しい場所で1,2日置くと濁っていたミリョウバン水が透明になり、原液が出来上がります。

原液が出来上がったら、スプレーに移し10~20倍に薄めて完成です!使用前にはよく手の平をタオル等でよく拭いて、スプレー後はミョウバン水が乾くまで待つのがポイントです。

大切なポイントはミョウバン水を汗が出る前に使用する事です!効果には個人差があり場合によっては肌を痛める事もあるので、初めは20倍程度に薄めて様子をみながら試してみる事をオススメします。

原液は涼しい場所で保管すれば数年保ちますが、スプレーに入れたものは1週間程度で利用する事をオススメします。

スポンサードリンク




〇病院に行こう!

色々試してみたけど、手汗がおさまらない、どうしても完治したいという人は病院に行き医師と相談してみて下さい。治療の代表的なものに、塩化アルミニウム外用制汗剤、イオントフォレーシス、ポツリヌス注射があります。

塩化アルミニウム外用制汗剤は、手汗に効果のある塩化アルミニウムが含まれた水溶液を就寝前に手の平に塗り、朝起きた時に洗い流すという方法です。

自宅でも出来る治療が、塩化アルミニウムは刺激が強いので、手が荒れる恐れがあるため、試す場合は注意して下さい。

イオントフォレーシスは電流を流した水に手を浸し、汗腺に刺激を与え手汗を抑えるという治療法ですが、定期的に治療を行う必要があるので、一度のみでなく何度が通院する事が必要となります。

ポツリヌス注射は手の平への注射で、1回の注射で3~6ヶ月効果がありますが、保険が効かないため、それなりの費用がかかってしまいます。

病院での治療もそれぞれメリットとデメリットがあります。しっかりと担当医と相談してベストな治療方法を見つけて下さい!

〇まとめ

参考になりましたでしょうか?手から出る汗の改善のためには、普段の食生活に気をつける事も大切です。

タウリン、ビタミンCには交感神経を抑える働きがあるので、手汗対策にはとても効果があります。

又、手の平の真ん中あたりに「労宮」というツボがあり、5秒程度押し、その後5秒離す、これを⑤セット行うと手汗効果があるので、是非とっさの時には試してみて下さい!

では、次のあなたのデートが素敵になるように祈っています!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました