顔の汗がひどい原因は?

身体の中でも顔の汗は一番目立つ部分です。特に女性は化粧崩れの原因にもなるので、大きな悩みの一つでしょう。営業マンにとって仕事がら障害にもなりかねないですね。顔に汗を沢山かく人は顔面多忙症の可能性があります。

 

スポンサードリンク




〇顔面多忙症とは何か?

人間の身体から汗が出る原因にはいくつかありますが、その中の一つが多忙症で日常生活での改善は困難で、医師の治療が必要となります。その多汗症の中でも顔からの発汗が多い症状を顔面多汗症といい、高温時や緊張時に顔から汗が噴き出してしまい、周囲からの視線を浴びてしまう事もあるような状況です。

顔面多汗症で顔から出る汗は臭いがキツかったり、着ているシャツについてしまう事もあるので、汚れに悩まされてしまう人もいます。また、そのような状況になる事で緊張が増し、発汗量が増えるといった悪状況になる場合があります。見ている周りの人より、本人にとっては辛い状況であるといえます。

 

スポンサードリンク




〇顔面多汗症の原因とはなにか?

人間の身体は上がった体温を冷やすために、汗をかき体温調整をおこないますが、体温が上がりすぎると正常に脳細胞が発汗を促せなくなってしまいます。又、長い時間涼しい場所にいて汗が出ない状態が継続したりすると、足や手の汗腺が機能出来なくなり、顔から出る汗の量が増えてしまうのです。
明確な顔面多汗症の原因はまだ分かっていませんが、運動不足や神経の問題による可能性が高いようです。

 

スポンサードリンク




〇顔面多汗症の人は以下ある可能性があります

☆自律神経失調症

自律神経のバランスが崩れると呼吸や血液の循環、内臓機能などを司る働きが出来なくなり、発汗機能に悪影響が出ます。結果として顔面多忙症になり、顔からの汗がひどくなる原因につながります。この症状がある多くの人は、顔面多汗症の可能性があります。

 

☆更年期障害

更年期障害になると血管の収縮、拡張に問題が生じ、真夏でもないのに汗が出たりし、顔面多汗症になる事があります。

 

☆甲状腺機能亢進症

新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンの分泌が過多になると、甲状腺機能亢進症という病気になる可能性があり、顔面多汗症になって顔から多くの汗が出る事があります。

 

☆糖尿病

糖尿病になると老廃物の排出機能に異常が起こる場合が多く、下痢や便秘、尿意を感じなといった症状に繋がって体温をコントロールできなくなり、通常の発汗が出来なくなり、顔からたくさん汗が出てしまいます。

 

〇顔面多汗症の治療法

顔からの汗がひどく、顔面多汗症の疑いのある人は医師と相談する事をオススメします。治療方の一つとして、汗をかきにくくする作用があるボツリヌスという注射を打ってもらう事です。この注射を額等に打つことで汗の量を減らす事が出来、顔面多汗症の治療に効果的です。症状、予算、医師の判断等にもよりますが、注射治療以外にも交感神経を切断し発汗を抑える手術をする場合もあります。又、薬や漢方などを使う場合もあるので、病院での治療を選択する場合はじっくりと医師と相談し自分に合った治療法を見つけてみて下さい。

 

〇ひどい顔からの汗の予防方法!

病院に行くのは躊躇する、出来れば自分で解決したいといった人のために家庭で出来る顔面からの汗を抑える対策をお伝えします。
顔からのみでなく、全般的に汗には3つの種類があります。気温や体温が高くなった時に体を冷ますためにでる「温熱性発汗」、緊張や興奮した時に精神の問題で出る「精神的発汗」、辛い物や刺激の強い物を食べた時に出る「味覚性発汗」です。

顔からのひどい汗の一番の原因は自立神経の働きが健康的でないという事だと思われます。改善策の一番は規律正しい性格を送る事。まずは、早寝早起きに心がけて下さい。夜勤等の仕事、夜型の生活をしている人は、1度寝て起きた時に太陽の光を1分でもあびる事が大切です。又、夜寝る時間がバラバラであったり、なかなか寝付けない日が続いている人は、可能な限り何時に寝ても起きる時間は一定を保つようにして下さい。もし日中眠くなる事がある場合は、昼寝をする事で睡眠時間を補い、自立神経で健康が崩れにくくするようにしましょう。30分以上昼寝をすると夜に眠りにくくなるので、出来るだけ一回の昼寝は20分以内に保つようにして下さい。

 

又、特に夏場等にクーラーがきいた部屋の中にいると自分で体温調整が出来ない身体になりがちなので、適度に外出し、身体を動かすようにする事をオススメします。そうすることで、正常な温熱性発汗が出来る体を保つことが出来るようになるので、顔からでるひどい汗を軽減していく事が出来ます。

 

自分自身で極度の緊張や興奮しやすい精神状態によって発症していると気づいた場合は、ストレスを溜めないようにリフレッシュしたりするようにして下さい。

 

辛い物や酸味の強いものは顔からの汗がでる原因となりますので、刺激の強いものを避けて食べる事で、改善方法の一つとなります。

 

もしそれでも顔からの汗に問題がある場合は、市販の顔用の制汗クリーム、シート、スプレー等の利用で対策する事をオススメします。

 

まとめ

生理現象として汗をかくのは仕方が無いことですが、常に露出している顔面からの発汗量が多いと、第一印象にも影響してしまうことがあります。発汗量が人より多いと感じる人は、まずは生活習慣や食べ物の見直しから始めてみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました