汗かきな人と 汗かかない人の 違いは?

この世の中で汗をかかない人はいません。汗をかくことは、体温を下げ、体内の毒素を排出し、塩分濃度を維持したりし、健康的で、身体に有益な反応です。汗をかくことで体温を下げたり、体内の毒素を排出したり、塩分濃度を維持したりします。汗についてあまり心配し過ぎる必要はありません。しかし、汗が出過ぎると気持ちが悪くなり悩んだりする人もいます。ここでは、どんな人が汗をかきやすいか、どのように効果的に汗を止めていくかなど話していきたいと思います。

スポンサードリンク




〇汗かきやすい人の特徴

メイクも崩れてしまったり、髪型も崩れてしまったりと悩む女性や、一日中スーツ姿でシャツが汗びっしょりになってしまうと悩んでいる男性の方も多いと思います。では、どんな人が汗をかきやすいかお話します。

☆代謝の良い人

代謝が良いと、体を動かしたり気温が上がったりした時に、すぐにエネルギーを消化しようとして汗が出ます。代謝は若い年齢の体の方が活発で、代謝が良ければ良いほど体は熱を発生しやすいです。代謝の良い人は沢山汗をかき、良好な身体であるといえます。

☆肥満体系の人

太っている人は良く汗をかくと言われますが、肥満傾向にある方の汗は代謝で出るものとは違い、熱が体の中にこもりやすい状況になってために出る汗です。贅肉が邪魔になり、熱が放出でてくるのです。エネルギーを燃焼するのではなく、汗の量を増やして熱を下げようとしている状態ででてきているものといえます。

☆緊張をしやすい人

緊張を感じると、多くののホルモンが体内で大量に分泌され、直面している恐怖への対応として戦うか逃げるかの選択を自身に迫るような状況になり、心拍数が上昇してしまいます。そして体内のエネルギーを燃やし始め、身体を冷やすために再び汗が出ててしまうのです。

☆感情的になりやすい人

怒り、興奮、ストレスなどの強い感情は、汗腺の活動を促す事があります。緊張で汗が出る時と同じで、あこがれのスターに遭遇したり、ずっと待っていた新車が自宅に届けられた時などは、強い感情によって汗の出る量が増加する場合があります。感情的になりがちな人は、冷静的な人より汗をかきやすいと言えるかもしれません。

☆多忙汗

汗をよくかく人の中には通常の汗かきとは違い、多忙汗という病気かもしれません。特に動いていなくても、周りの気温が暑くなくても汗が大量に出てしまうという気温の変化などから出る汗とは全く違うものです。ストレスや緊張によって汗が出てきてしまう場合も多汗症の可能性が高いので、気になる方は医師に相談してみる事をオススメします。

スポンサードリンク




〇汗をかかない人の特徴

汗が出やすい人の逆となりますが、新陳代謝の悪い人は汗をかきにくいと言えます。現代はエアコンの普及でいつでも快適な空調環境の中にいるため、体温調節機能が衰え、汗をかきにくくなっている人が増えています。冷たいものを食べすぎたり飲みすぎたりする人達の中にも汗をかかない人が多いようです。

問題を感じる人は意図的に「汗をかく機会」を増やすことが必要で、ウォーキング、自転車などの軽い運動、半身浴といった指導をオススメします。しっかりと水分を摂る事も必要ですが、少量の塩分と糖分の摂取も体の水分保持に役立つのでオススメします。

又、緊張とストレスにさらされている場合に汗が出やすくなる場合もありますが、汗が出にくくなる場合もあります。症状に問題を感じる場合は医師に相談する事をオススメします。

いくつかの汗をかいてしまう原因はありますが、出来ればなんとかして止めてみたいものです。

それでは、いくつかの小技を紹介します!

スポンサードリンク




〇汗を止める小技

☆制汗剤

身体の中でも特に脇からの汗が気になる人は抗菌剤ではなく制汗剤を使ってみて下さい。抗菌剤は臭いの元となる菌を殺菌する効果がりますが、制汗剤は汗自体を抑える効果をもちます。制汗剤は脇に利用するイメージがありますが、顔用もあるので、顔用の制汗剤を使えば顔の汗が少し抑えられると思われます。

☆リンパ節を冷やす

汗が出ないようにするには、体の温度を下げるのが一つのポイントです。首の後ろ、鎖骨下、脇、太ももの付け根、ヒザ裏にリンパ節はあるので、出先でリンパ節をペットボトル等で冷やすと、汗が出なくなるようするためには効果的です。

☆脇汗パッドの利用

代謝が良い人は特に脇に汗をかきやすいです。このような人は出かける前に脇汗パッドの準備をオススメます。制汗剤の利用と併用し、脇汗パッドを使うと季節に関係なく効果的があがります。特に手間をかける事なく、脇部分に汗を吸収するパッドを貼るだけで、脇汗を軽減する事が出来るでしょう。

☆避けた方が良い食品

コーヒーを飲む量を減らしてみると良いと思います。カフェインは、中枢神経系に作用して発汗を促進させる働きがある事が多くの複数の研究で発表されています。また、「辛い」食品は血管の拡張や発汗、ほおの紅潮などといった、熱による身体的な反応も引き起こすため発汗作用を活発化させます。汗を抑えたい人は辛い食べ物は控えめにした方が良いでしょう。

〇まとめ

適度な汗をかくことは大切で気持ちの良い事ですが、出過ぎるのもやっかいで辛いものです。汗が出ない事で悩んでいる人は、体のためにも早めに対策をうつようにして下さい!出過ぎでお悩みの方~ちょっとした工夫で汗を抑える事は出来るので、快適な生活を送るためにも試してみて下さい!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました