痩せやすい体を作る食べ物をご紹介!

体重を落としたいと思って食事制限したけど、お腹が減っただけで全然体重が減らなかったなんて人もよくいると思います。痩せやすい体を作るためには、量を減らすのではなく、何を食べるかが大切です。今回は痩せやすい体を作るための食べ物を紹介させていただきたいと思います。

スポンサードリンク




〇痩せやすい体を作り重要な5つのポイント!

痩せやすい食べ物を紹介する前にまずは、痩せやすい体を作るために必要な5ポイントを理解する事がとても重要です!

「基礎代謝をあげる」

生きるために必要最低限の基礎代謝量のことで、体を動かさなくても基礎代謝を揚げる事で、多くのエネルギーを消費し脂肪を燃焼します。

「血流をよくする」

血行をよくする事で体内の老廃物や余分な水分を溜まりにくくし、肥満やむくみの軽減につながります。

「筋肉量を増やす」

筋肉は増えると多くのエネルギーを消費するため代謝UPに繋がり脂肪を燃焼します!

「快便」

お通じに問題があると、代謝がうまくいかず、痩せにくい体質になります。

「安眠」

質の良い睡眠を多くとると、脂肪燃焼の効果につながり、美肌をもたらし、血圧ダウンの効果も期待できます。

この5ポイントは全て重要で、どれが欠けても痩せやすい体を効率よく作っていくことは出来ません。それでは、それぞれのポイントに大切な食べ物を紹介していきます。

スポンサードリンク




〇痩せやすい食べ物の紹介!

痩せやすい体を作るための5ポイントを理解してもらったと思いますので、それぞれにとって良い食べ物の紹介をしていきます!

「基礎代謝を上げる」

唐辛子、生姜、にんにく、二ラ等(体を温める効果があります)

大豆、チーズ、ごま(代謝を高めるアミノ酸が豊富です)

レバー、うなぎ、アーモンド(代謝を高めるビタミンが豊富です)

「血行改善」

玄米・豆類・根菜・たまねぎ(体を温めて、血の巡りをよくします)。

「筋肉量を増やす」

白身魚・脂質の少ない赤身の肉類(タンパク質量が豊富な食材です)。

筋肉量を増やす事は持続的に痩せやすい体を作るのにとても大切な事です。しかし、調理の仕方によっては悪影響になる事があります。小麦粉を使った油物、サラダ油等は出来るだけ控え、オリーブオイルなど使う等油選びには気をつけましょう!

「安眠」

レタス、バナナ(睡眠に大切なメラトニン成分が沢山含まれています多く含まれています)

安眠はストレスをためないためには、とても大切な事です。もし、食事で効果がえられない場合は、マグネシウムのサプリを摂ると効率よく効果的に安眠向上につながるでしょう!

☆注目のモチ麦もおススメします!

大豆の一種で白米に比べて低カロリーで栄養豊富です。質の良い水溶性食物が沢山含まれています。ダイエットだけでなく、糖尿病予防にも効果があります。白米に混ぜて炊くだけで出来ますし、歯ごたえがあるためいつもより少ないご飯の量で満腹感を得る事が出来ます。

スポンサードリンク




〇痩せやすい飲み物の紹介!

痩せやすい体づくりには食べ物も大切ですが、普段の生活にかかせない、飲み物にも気を付けたいところです。

☆コーヒー(ブラック)

カフェインには代謝を上げ、基礎エネルギーもアップさせてくれる効果があるため、脂肪を燃焼してくれます。一日4杯が適量と言われています。就寝前に飲むと睡眠の妨げになりますし、飲み過ぎるとカフェイン中毒になる恐れがあるので、気をつけて下さい。

☆お茶

脂肪が体に溜まるのをカテキンが防いでくれます。運動前に飲むと脂肪分解作用も高まります。

☆ココア

ポリフェノール効果で、血管を広げ、血行を促進してくれます。砂糖を多く入れたりするとカロリーが高くなり逆効果になってしまうので、気をつけて下さい。甘味がないと物足りなく感じる人は、オリゴ糖などを利用してみると良いでしょう。

☆低脂肪乳

低脂肪乳は低カロリーで、高たんぱくなので痩せやすい体を作りたい人の味方です。

〇おやつ

食べたい物を我慢しすぎるとストレスの原因となって、食欲が反動しリバウンドの原因になりかねません。ダイエットに適度になおやつを食べることは、決して悪い事ではありませんが、何を食べるかはとても大切な事です。アーモンドにはビタミンが含まれているため、酸化ストレスを抑えダイエットサポートしてくれる事は有名です。ドライフルーツは無添加のものを選べば美容効果が高くダイエットをサポートしてくれますが、砂糖やオイルで加工されている商品も少なくないので、気を付けて下さい。チョコレートは、ダイエット中に不足しがちなミネラルや植物繊維を多く含んでいます。カカオ70%以上のビターチョコを選び、13040グラム程度を目安にして下さい。食べすぎには気を付けて下さい!

〇おすすめ出来ない食材

☆パン、パスタ、うどんなどの小麦粉を使った食べ物

精製されて小麦を使って作られたものは、カロリーが高くに早く消化されるため、食べ過ぎてしまう可能性があります。

☆揚げ物

高温では油の酸化も進むので、出来るだけ避けるようにして下さい。もし揚げ物をする場合にはココナッツオイルなどの酸化しにくい飽和脂肪酸の油を使用するようにして、利用するオイルには気をつけるようにして下さい。

☆マーガリンやクリーム、ショートニングなど

人工的に水素を添加して作られた油は分解しにくいので、体に負担がかかり、体内に蓄積されやすくなります。ダイエット目的のみでなく、普段の食事でも避けり事をオススメします。

☆ソーセージ等の加工食品

加工食品は脂質が多く、食品添加物も多く含まれているので、消化の時に体内に負担をかけてしまいます。

☆糖質の多いじゃがいもやかぼちゃ等の野菜

血糖値の急上昇を引き起こす恐れがあるので、食べ過ぎには気をつけて下さい。

〇まとめ

色々なダイエット方法がありますが、大切な事は痩せやすい体を作るための5ポイント(基礎代謝をあげる/血流をよくする/筋肉量を増やす/快便/安眠)は何かという事を理解する事です。ちょっとした日々の工夫が、あなたの体を痩せ痩せやすくして、理想のボディー作りにつながっていくでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました