痛風の味方登場!乳酸菌pa-3株とは?

痛風の強い味方が現れました!

乳酸菌pa-3株!

この乳酸菌乳酸菌pa-3株という乳酸菌は、体内の尿酸値の上昇を抑えてくれるそうです。

そもそもこの特定の乳酸菌に体内の尿酸値上昇を抑える効果があるとする研究結果を報告したのは東京女子医大のチーム。

同大付属膠原病リウマチ痛風センターの山中寿教授らのチームは、「乳酸菌の作用で腸内でプリン体を減らせないか」と考え、数千種類の菌株の中からプリン体を取り込み、自身の栄養として利用してしまう作用のある「乳酸菌PA-3株」を探し出したそうです。

そもそも痛風とは?

血液中の尿酸値が高い状態(高尿酸血症(こうにょうさんけつしょう))で、足趾(そくし)(あしのゆび)や足首、膝などに起こる急性の関節炎です。とくに足の母趾(ぼし)の付け根の関節(母趾MP関節)が最も多くみられ、初めて発症される人の7割がこの部位です。
日本での有病率は0・1?0・3%と推測され、90%以上が男性です。発症年齢は40代前後に多く、最近は若年化の傾向がみられます。引用:http://health.goo.ne.jp/medical/10990600

私はなったことがありませんが、会社の先輩に痛風の方がいらっしゃいます。

かなりつらいそうです。

しかし、この発見によって、痛風の方々にとっては非常に朗報になるのではないでしょうか?

そして早速この乳酸菌乳酸菌pa-3株を含んだ食品も発売されています。

「明治プロビオヨーグルト」です。

これは通常のヨーグルトタイプと、飲むヨーグルトタイプの2種類が発売されています。

この商品は発売されると同時にかなりの話題になっており、売れ行きも好調のようです。

売り切れになる前に試してみてはいかがでしょう。

それではまた。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ