大橋巨泉がん治療!ステージ4からの生還!病院は?

タレント大橋巨泉(81)が右肺にできた腫瘍の摘出手術を18日に受け、22日に無事退院しましたね。

MD20071106106281_web

しかし大橋巨泉さん、81歳とは!

クイズダービー!懐かしいですね。

年がばれる!

巨泉さんの経過は良好だそうで、ご本人も関係者もほっとしているとのことです。

その巨泉さん、退院後、コメントを発表しました。

このたびは皆さんにご心配をおかけしましたが手術は成功裏に終わり、きょう(22日)に無事に退院しました。

手術は国立がん研究センター中央病院において、5月18日に渡辺俊一先生の執刀で行われ、右肺の下葉部分を摘出、同時にPET検査で発見されていた腫瘍も摘出しました。

術後の経過もよく、たった3日後の21日に退院しても良いと言われましたが大事をとってこちらからお願いし、本日にしていただきました。

本当に日本の医学、医術の進歩ぶりは素晴らしく、皆さんも進んでがんと闘っていただきたいと思います。

詳しいことは週刊現代のコラムに書きますが、多くの方々からコンタクトをいただいてきましたので、朗報は1日でも早くお伝えした方がよいと考え、皆さんに連絡を取った次第です。

ご声援を感謝します。

本当によかったですね。

やはりがん治療は専門の病院に決まってますよね。国立がん研究センター中央病院

覚えておきましょう。もしもの時のために。

しかし巨泉さんと言えば、これまで何回もがんの宣告、手術を繰り返していますよね。

2005年 胃がん ⇒ アメリカで手術

2013年 中咽頭がん リンパの7箇所に転移 ステージ4(末期がん)宣告

2014年 食道付近のリンパに転移 放射能治療

2015年 肺がん

しかも2013年にはステージ4、末期がんですよね。

7か所にも転移しており、普通に考えると余命何日?という感じ。

今回の手術も、その時に転移した腫瘍の摘出手術だったようです。

そんな状態でも、食事制限もなく、回復は早いと診断されています。

とりあえずは回復してよかったですね。

しかしこれからもまだまだ長生きするには、健康には注意していただかないと。

巨泉さん、まだまだ長生きしてください!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ