台風9号10号11号の米軍やヨーロッパの最新進路予想はどうなった?

先日から注目の集まっている、台風3兄弟の9号10号11号。

米軍の最新の進路予想から今後の日本への影響を考えてみました。

E38381E383A3E383B3E3839BE383B3

台風9号

名称    CHAN-HOM(チャンホン)
大きさ    大型
強さ    強い
存在地域    沖ノ鳥島近海
中心位置    北緯18度40分
東経135度20分
進行方向    西北西
速さ    20km/h
中心気圧    965hPa
最大風速    中心付近で35m/s
最大瞬間風速    50m/s
暴風域
(25m/s以上)    中心から170km
強風域
(15m/s以上)    中心から600km

台風10号
名称    LINFA(リンファ)
大きさ    —
強さ    —
存在地域    南シナ海
中心位置    北緯20度55分
東経118度25分
進行方向    北北西
速さ    ゆっくり
中心気圧    980hPa
最大風速    中心付近で25m/s
最大瞬間風速    35m/s
暴風域
(25m/s以上)    —
強風域
(15m/s以上)    南西側390km
北東側220km

台風11号
名称    NANGKA(ナンカー)
大きさ    —
強さ    非常に強い
存在地域    トラック諸島近海
中心位置    北緯14度20分
東経153度30分
進行方向    西北西
速さ    25km/h
中心気圧    925hPa
最大風速    中心付近で50m/s
最大瞬間風速    70m/s
暴風域
(25m/s以上)    中心から150km
強風域
(15m/s以上)    中心から330km

引き続き警戒が必要のようですが、

台風10号のリンファ君は

日本へ向かうのをあきらめたのか、台湾をかすめて消滅してしまいそうですね。

2015年7月7日16時30分発表 台風第10号は、7日15時には南シナ海にあって、北北西へゆっくり進んでいます。中心気圧は980hPa、中心付近の最大風速は25m/sです。この台風は、今後も北または北西に進み、9日15時には台湾海峡に達するでしょう。台風周辺海域および進路にあたる海域は、シケとなるため警戒が必要です。

問題は台風9号のチャンホン君。

サイズは大型で強さも強いことから一番警戒されていました。

しかし現在、西北西に20KMの速度で進んでおり、このままいけば本州には

上陸しそうもないのですが、沖縄をかすめていきます。

11号が近くを通り過ぎたばかりなので、海は大しけで、警戒が必要でしょう。

2015年7月7日16時30分発表 強い台風第09号は、7日15時には沖ノ鳥島近海にあって、西北西へ毎時20kmで進んでいます。中心気圧は965hPa、中心付近の最大風速は35m/sです。この台風は、8日は沖ノ鳥島近海を西北西に進み、9日15時には沖縄の南に達する見込みです。10日15時には先島諸島近海に達するでしょう。台風周辺海域および進路にあたる海域は、シケ~猛烈なシケとなるため厳重な警戒が必要です。

そして最後に台風11号のナンカーちゃん。

サイズはそんなに大きくないものの勢力は925hPaで最大瞬間風速    70m/sとかなり強力。

今のところ日本の南にあって西北西へ毎時20kmで進んでいます。

この進路が今後どちらに向くのかによって、梅雨明けにも影響がありそうですね。

引き続き注目していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ