東洋ゴムの免震ゴム使用のマンション名は?

国土交通省は、東洋ゴム社製の免震ゴムを使用して建築されたマンションで性能が不明な免震ゴムを使った12都道府県の22棟の調査を行い、震度6強から7程度の大規模地震が来ても倒壊する恐れはないことを確認したと発表しました。

マンション名までは明かされていません。

その他に問題視されていた30都道府県の154棟もすべて安全であることが確認されたそうです。

しかし、こればっかりは、そう簡単には信用できませんよね。

そもそもこの事件は、東洋ゴムによる、免震ゴムの性能改ざんというところから始まっています。

@Œš’zŽ‘Þ‚̖ƐkƒSƒ€‚̈ꕔ‚ɐ«”Šî€‚ð–ž‚½‚µ‚Ä‚¢‚È‚¢»•i‚ªŒ©‚‚©‚èA‹LŽÒ‰ïŒ©‚ŎӍ߂·‚é“Œ—mƒSƒ€H‹Æ‚ÌŽR–{‘ìŽiŽÐ’·i’†‰›j‚灁‚P‚R“úŒßŒãA‘åãŽs

そんな大切なものを、やすやすと通してしまう国の認可体制にもかなり大きな問題がると思います。

また一番不幸なのはそれを買ってしまった方々です。

そんなずさんな状態で、「安全性に問題はありません」と言われてもちょっと信用できませんよね。

この事件によってこれまでかなり安全だと思われていた免震マンションの売れ行きにも影響があるでしょう。

ましてや日本は地震大国で、あちらこちらで大地震が起こる可能性が上がってきている昨今。

それを避けるために免震マンションを購入したにもかかわらず、基準に満たない免震ゴムと言われ、しばらくすると大丈夫でした、と言われても信用できません。

この件についてはもう少し真剣に国も、東洋ゴムも取り組んでもらいたいと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ